基礎コンクリート打設

「3階建ての家」の基礎コンクリートを打設しました。
 
コンクリート強度試験
 
まず打設する前に、運ばれてきたコンクリートの試験を行います。
コンクリートは、事前に立てた配合計画の通りに工場で練り混ぜ、ミキサー車で現場に運ばれてきます。
これがいわゆる、レディーミクストコンクリート (ready-mixed concrete) です。
指定通りの品質のコンクリートになっているか確認できたら、いよいよ打設です。

コンクリート打設
 
コンクリート打ちは一発勝負です。
緊張感が漂う中、慎重に打設していきます。
 
ミキサー車でコンクリートを運ぶ人のほか、強度試験をする人、圧送車のオペレーター、バイブレーターをかける人、左官職人、型枠大工など、現場管理者立ち会いのもと沢山の人たちの共同作業で進行していきます。
 
コンクリート打設の様子

無駄のない段取りとチームワークにより、無事 底盤を打ち終わることができました。
立ち上がりの型枠を設置すると、2回目のコンクリート打設が待っています。

前のページへ戻る