建方〜上棟

「3階建ての家」の建方を行いました。
土台を設置した現場に、まずはクレーンを使って次々と部材を運び込みます。
 
建方
 
木の構造材は、コンピューターで制御された工場で事前に加工し、精度を出します。
今回は平面が平行四辺形のため、ほとんどの接合部が直角ではありません。このため、斜め加工のできる特殊な設備のあるプレカット工場で加工を行いました。
 
クレーンを駆使しながら、柱や梁を大工と鳶の職人達が手際よく組み上げていきます。
 
鉄骨梁
 
屋根まで上がると、木造の構造に鉄骨がジョイントします。
難解な3次元の設計を経て、それぞれ別の工場で製作してきた部材を上空で接合させる作業では、緊張が続きました。
 
建方風景
 
非常にシビアな作業でしたが、接合部はぴたりと納まり、無事 上棟しました。

前のページへ戻る