マンションリフォームが始まりました

世田谷区にて、マンションリフォーム工事が始まりました。
現場は築27年のマンションの1室で、既存の間取りは3LDKです。

建築家の提案により、1度全てを解体しスケルトンにした上で、緩やかに仕切られたワンルーム空間に改修することとなりました。

コンクリートの躯体と配管のみ、完全なスケルトン状態になった室内の様子です。

スケルトンリフォーム
 
 
解体後の様子
 
事前にマンション竣工時の図面を拝見して計画を立てますが、実際に解体してみると図面と違うということもしばしばです。
また、躯体のコンクリートの状態も、壊してみないとわかりません。
リフォームでは、現況に合わせて工事中に設計・工事ともに臨機応変な対応を行っていくこととなります。
 
これから約1ヶ月間の工期です。短期間でこの空間がどのように変わっていくのか、お伝えしていきたいと思います。

前のページへ戻る