目黒のマンションリフォーム進行中

目黒のマンションでは、リフォーム工事が進んでいます。
壊しすぎないよう必要な部分だけを解体した後、設備配管を切り回し、新たなルートを作ります。
水廻りの配置を一新すると、どうしても床が配管で上がってしまいます。そこで、配管の一部を壁の中に入れ、床の高さを最低限に抑えることにしました。天井は可能な限り上げ、厚くなった壁の上部は小さなカウンターにしています。
 
配管取出し

浴室内は、FRP仕上げです。通常タイルの下に隠れてしまう防水層を美しく仕上げることは簡単ではありませんが、フラットで目地がないこの仕上げはデザインがすっきりとし、またお掃除がしやすいというメリットがあります。写真は、FRPを施工する前の様子です。
 
FRP下地


目黒のマンションリフォームが始まりました

リフォーム解体
 
目黒のマンションの1室で、リフォーム工事が始まりました。
バランス釜を追焚付き給湯器に入れ替えるなど、水廻りを中心とした改修です。
もともとはトイレ・洗面・浴槽が1つのバスルームに配置されていましたが、空間を仕切って新たに洗い場のある浴室を設けることになりました。
既存の防水を傷めないため、間取りを変えずに設備の配置を一新する計画です。マンション管理室に備え付けられた古い図面を読み解きながら、事前に検討を行ってきました。
リフォーム工事はある程度予測をしながら進め、その時々の状況を見きわめて対応することが必要になります。既存の状態に合せて最前の方法を選択する作業は、全てを新しく作るのとはまた違った難しさがあります。
工事はまず、ご近隣に挨拶し、工事しない範囲を丁寧に養生することから始まりました。

リフォーム養生