デザイン住宅とは

私たちのWebサイトでは、建築家と作る住宅を「デザイン住宅」という言葉で表現しています。これは単純に「デザイン+住宅=デザイン住宅」という発想の造語です。
住宅と一口に言っても、色々な種類があります。それは、これから家を構えようとするその人が、住宅に何を求めるのか?という最初の一歩の違いが、沢山のニーズとそれに応える仕組みを生んでいるのだと思います。
そのようなことを考えていると、住む方の生活や考え方をしっかりと汲み取り丁寧に形にしていく方法が、やはり住宅を作る上ではベストだと思えるのです。
デザインするということは、表面的な意匠を整えるだけでは決してありません。構造、機能、美しさ、経済性。その全てをより良い形にまとめ上げることが、「デザイン」なのだと思います。
本当の意味でのデザイン住宅を作っていきたいと考えています。

リビング借景


工事金額について

私たちは、設計の段階から作り手として深く関わっています。
設計の意図を汲み取り、事前に作り方を考え、必要な技術者を想定するので、適切なお見積りをすることができると考えています。
建築工事では、一般的には入札という形式を取る場合が多いですが、建築家が設計する建物は固定的な作り方がある種類のものではないので、実際に見積りを取ってみると図面の捉え方の違いによる金額のばらつきがかなり出ます。
大切なことは、建築家の求めるものと作る側の想定しているものが合致していることです。これは、工期や出来上がりにとても大きな影響を与えます。
求められる内容に満たない見積りもあれば、反対に、過剰に安全をみすぎた見積りもあるため、これを見極めるのは大変難しいものです。
適正価格を出すには、本当にどう作ればいいのかを知っている必要があります。それは、設計段階から参加してお客様の要望と設計者の意図を十分に理解することでしか、得ることができないと私たちは考えています。

打合せ風景