築35年木造住宅のメンテナンス

築35年の木造住宅のメンテナンスを行いました。
項目は、・屋根・外壁の塗装
    ・傷んだ外壁の補修
    ・門扉の交換
    ・玄関庇の交換
    ・水栓金具の交換
    ・スイッチ、コンセントの交換  などです。

門扉

外壁の塗装工事は、足場を架けて既存の塗料を落とすことから始まります。塗り上がり直後は同じようでも、丁寧に下地作りをした塗装面は美しく、また長持ちします。

今回は門扉も製作させて頂きました。
既存の門柱とポストにサイズを合わせた、スチール製の両開き戸です。デザインは、隣にある木製の鎧戸をモチーフとしました。
強風の時でもバタつかない、落ち葉の吹き溜まりにならない、などのご要望にも応えた形になっています。

アクリル庇

玄関庇は、アクリル板が張ってありましたが、歳月が経ち、当初透明だったものがこの写真のように半透明になっていました。
今回は、アクリルよりも耐久性が高く、紫外線にも強いポリカーボネート板に交換しました。
アクリルよりもポリカーボネートの方が少し高価ですが、やはり美しさが長持ちするという点から、ポリカーボネートを採用しています。

木造建築であったとしても定期的に必要なメンテナンスを行うことで、長く気持ちよく住み続けることができると思います。


木工事が進んでいます

3階建ての家の工事が進んでいます。
 
下の写真は、組み上がった小屋組です。
木と鉄骨の混構造となっているため、1本の鉄骨の棟木に、たくさんの梁・柱・登り梁が連結しています。

鉄骨と木
 
さらに工事は進み、屋根が架けられ、床が張られました。屋根にはトップライトが設置されています。
徐々に外部と仕切られ、屋内の空間がイメージできるようになってきました。
 
木工事風景
 
下の写真は、屋根を鉄骨の母屋で補強し、トップライトを取り付けている部分です。
 
鉄骨母屋とトップライト
 
こちらは、2階にあるハイサイドライトです。敷地の最も奥の場所にも、光を導き入れます。
 
ハイサイドライト
 
色々な光が入る様子を体験できるようになると、さらにイメージがふくらみます。
建物が密集する商業系の地域という立地ですが、気持ちのよい空間ができそうです。