建築・デザイン用語集 | た行

あ行| か行| さ行| た行| な行| は行| ま行| や行| ら行| わ行

| | | | |

耐火建築物
鉄筋コンクリ-ト造のような耐火性のある材料で主要部分をつくり、窓、出入口に網入りガラスや防火扉をつけるなど、建物全体として 耐火性の高い建築物をいう。
耐火被覆
たいかひふく。主として鋼構造の柱、梁などに耐火性能をもたせるための被覆のこと。
耐力壁
地震、風圧による水平力、建物自重・積載荷重などの鉛直力に抵抗する壁。
建具
たてぐ。太窓、出入り口、間仕切りなどに取付ける戸、襖、障子のこと。
建方
たてかた。木造住宅の骨組を現場で組み立てる作業のこと。
断熱材
中高層建築物ロックウ-ル(岩綿)、グラスウ-ル(硝子綿)、スタイロフォ-ム等の空気層を多く含んだ材料のことで、 内→外、外→内に熱の出入りを防ぐ。

地籍測量図
土地の地積を明確にした図面。通常求積の方法は、三斜法が用いられている。 土地の表示の登記、地積の変更の登記、土地の分筆の登記、地積の更正の登記申請する場合に使用する。
地耐力
地盤が構造物を支持できる強度。地耐力を測る調査を地盤調査という。
茶室
茶会用に設けられた部屋のこと。現代では正式な茶室建築によるものだけでなく、茶会用に炉を切った和室を含む場合もある。
柱状改良
地盤調査において地盤が軟弱であった場合に行われる地盤の改良、補強方法の一つ。
通常、軟弱地盤が2m以上5m以下程度の場合に用いられ、土の中に穴を掘って柱状に凝固剤を埋めてコンクリート状の柱をつくる方法。
丁番
開き戸等の吊り元に取付けられる建具金物。

ツーバイフォー工法
2インチ×4インチを中心とする規格材を基本で組んだ枠組に、構造用合板などを打ち付けた床面、壁面、天井面で荷重を支える工法。=枠組壁工法。
つか。木造住宅などで母屋、大引を支える部材。
継手
つぎて。2つの部材を材軸方向に接合するときの継ぎ方。
つなぎ融資
新たな物件を購入する時に、現在所有している物件の売却が出来るまでに必要な資金を融資するなど、売買と資金とのタイミングのずれの つなぎを果たすための融資で、いわゆる「買い替えロ-ン」といわれるもの。
提携のロ-ンや不動産会社自社のロ-ンなどでこの融資を設けているものがある。

出隅
ですみ。壁などの2つの面が出合ってできる外側の角。⇔入隅
鉄筋コンクリート
コンクリートを鉄筋で補強した構造材料。=RC
デ・スティル
De Stijl。テオ・ファン・ドースブルフがオランダのライデンで1917年に創刊した雑誌およびそれに基づくグループの名称。 デ・スティルはオランダ語で「様式」の意味である。建築や抽象絵画を重視し、バウハウスに大きな影響を与えた。
テラゾー
terrazzo。白色セメントに大理石粒を混ぜ、研磨、研出し仕上げをしたもの。現場仕上げと工場仕上げとがある。床・壁などに使用する。
天空率
道路境界反対側、隣地境界のある一定の算定位置での、全天空に対する空(建物を除いた部分)の水平投影面積の割合のこと。
実際には各算定位置の適合建築物と計画建築物との比較により、適合建築物の天空率より計画建築物の天空率が大きければ、法令上の斜線を超えたところに建物を建てることができる。
天端
てんば。部材の上面のこと。=上端 ⇔ 下端

登記
一定の事項を広く社会に公示するために登記簿に記載すること。不動産登記・船舶登記・財団登記・商業登記などがある。
登記済証
一般に「権利証」と呼ばれるもの。登記申請の時に提出した登記原因証書(売買契約書等)あるいは申請書副本に登記が完了すると登記官が登記済の旨の記載をして登記権利者に還付する書面をいう。
この登記済証を所持していることで、正式な権利者と推測される。なお次の移転登記の時には、真正の登記義務者であることを示すため、この登記済証を提出する。
同潤会アパートメント
関東大震災後に発足した財団法人同潤会が東京・横浜に建設した鉄筋コンクリート造の集合住宅のこと。
近代日本で最初期の鉄筋コンクリート造集合住宅として貴重な存在であり、居住者への配慮が行き届いたきめ細かな計画などの先見性が評価されている。
透湿防水シート
水は通さないが、湿気(水蒸気)は通す性質をもつシート。主に木造建築物の外壁の屋外側に用いられる。
動線
室内や部屋相互における人、物の動きを分析、検討し、使いやすく計画すること。
胴縁
どうぶち。壁の下地部材。
道路斜線
道路の反対側から受ける斜線制限。
都市計画法
その他市街区域、促進地域などを定めた法律。
土台
どだい。木造の最下部で、柱からの荷重を基礎に伝える横架材のこと。
トップライト
top light。屋根に設けた天窓。上部からの採光に用いる。建築基準法の有効採光面積では、通常の窓からの光の3倍に計算される。
土留め
どどめ。法面や段差の崩壊を防止するために設置される構造物。=山留め。
土間コンクリート
浴室の床、玄関、勝手口といった場所に平面的に打ち込むコンクリ-トをいう。