お引き渡しまでには多くのステップがあります。弊社は設計施工を一元化することで、わかりやすいシステムとしています。

まずはお問合せから

資料請求

資料請求フォームへご入力ください。お急ぎの方は、お電話またはe-mailでどうぞ。

資料お届け

郵便にてリーフレットをお送りします。直接お届けすることも可能です。
弊社までいらっしゃる場合は、事前にご一報ください。

前のページへ戻る


ご相談/ご提案

ご相談

ご相談私たちの取り組み方について、説明いたします。
お客様の希望を伺い、それを実現するための具体的な流れやコスト、スケジュールをご提案します。土地のご紹介や、住宅ローンなどの資金計画についても、親身にサポートいたします。

建築家のご紹介

私たちは、設計面のパートナーである建築家が誠実であることが、なにより大事だと考えています。
これまで仕事をご一緒した本当に信頼できる建築家を、実例やエピソードを交えてご紹介いたします。

顔合わせ

顔合わせお客様・工事・設計の3者が揃うことで、意見交換が活性化していきます。
そんな中で、これから始まる家づくりを体感して頂きたいと思っています。

現地調査

顔合わせ後、率直なご感想を伺います。
私たちと一緒に進めていけそうと思って頂けたら、ファーストプランご提案の準備にはいります。
法的な制限をお調べするほか、現地を拝見してお隣の窓の位置や日当り、また水道ガスの引込状況や車両の出入り、工事の障害物がないかなどを詳しくチェックします。

ご提案

ご提案お客様のお考えや普段の生活、そして物件の環境条件から、ファーストプランをつくりご提案致します。
もしかすると、それまで気付かなかったことに目を向けるきっかけになるかもしれません。コンセプトに共感して頂けたら、実際の設計へと進めてまいります。

前のページへ戻る

設計の開始

設計契約

本格的な設計は、契約の取り交わしから始まります。
打合せはいつも、お客様、工事、設計の3者で進めてまいります。
お客様のご要望や建築家の提案、工事サイドからの技術的なアドバイスにより、計画が現実のものになっていきます。

基本設計

まずは基本の構成を決めます。収納のボリュームや家事動線など、気になるところもチェックしていきます。同時に、建物の美しさや室内の陰影など、デザインのコントロールもされていきます。
言いづらいことやご不明なことがあったら、お気兼ねなくお声掛け頂ければと思います。

プラン
プラン
プラン

実施設計

さらに細かい仕上げや造作を決めていきます。構造計算も始まります。
使いやすい寸法や、デザインを実現するための納まりなど、細かな検討が徐々に出てくる時期でもあります。
工事と設計が一緒に打ち合わせを重ねてきたからこそ、きれいで理にかなった仕事ができるのです。
仕上げは、実際に手触りや質感などを確かめて頂きながら、じっくり進めてまいります。

断面
構造
構造

本見積のご提示

図面一式が完成したら、いよいよお見積をいたします。
これまで検討してきた内容の一つ一つの金額をお出ししますので、費用対効果をみながら、確認と調整をしていきます。
大変な作業ですが、何が本当に必要なのかを見極める、とても大切な工程です。

確認申請提出

実施設計が固まったら確認申請書類を整えて、役所または指定検査機関へ提出します。中高層建築物・風致地区など、他に協議・申請が必要な場合も、このタイミングで行います。

前のページへ戻る

工事の開始

工事契約

内容と金額が決まったら、工事請負契約です。
一緒に打合せを重ねてきたからこそ、お客様の思いやデザインの意図が、現場の隅々にいきわたると考えています。
完成度や工期のことだけでなく、なにより安心して現場をお任せ頂けるのではと考えています。

着工

着工着工前に、お客様・建築家・弊社で、建物の基本的な配置や高さの確認をします。その上で新築の場合は、地盤改良や基礎の工事に進みます。

上棟

上棟全体のボリュームが立ち上り、感慨もひとしおの瞬間です。その後、屋根や外壁を仕上げ、内装工事に移ります。
扉や家具、細かな加工が必要な部材は、工場で製作して現場に取り付けます。
現場と工場の強力な連携は、弊社の強みです。

前のページへ戻る

建物の完成です。

お引渡し

お引渡し建物が完成し、いよいよお引き渡しです。
幾度となく思い描いてきたものが実際の空間になる喜びは、多くの検討を重ねてきたからこそ、より深く感じられるのではないでしょうか。
事前に自主検査・設計事務所検査・確認検査機関の検査を受けた上で、お客様にご確認頂いて、お引き渡ししております。

メンテナンス

建物は、完成してからその長い一生が始まります。完成後も工事・設計ともにフォローしてまいります。末永く愛着をもってお住まい頂くことが、私たちの最大の願いです。

前のページへ戻る