Dwelling House Tanaka

設計:石田 敏明

JR山手線内に建つ、築33年の賃貸マンションのリフォームです。2室のリフォームですが、A 室は一部、C室は全面改修しました。いずれもシンプルモダンなデザインになっています。特にC室は単身者の都会生活をエンジョイするための設備の充実と一続きの空間でありながら、見え隠れする空間配置と空間に微差を生み出す素材として打放しコンクリート白塗装、柔らかい黒いカーペット、浴室の白いFRP(強化プラスチック)を使用しています。空間の距離感覚を生み出し、素材を通して身体感覚を刺激する空間となっています。
建築家との仕事一覧へ戻る 資料請求はこちら