深沢の家

構造:木造
設計:熊倉洋介

都市住宅の機能性と、木の感触のあたたかみをテーマに設計した木造住宅です。街に面したアプローチ側の外観は黒いガルバリウム鋼板のサイディングで極力抑えた印象にしていますが、敷地内の庭や駐車場に面した外壁には不燃杉板を用いて、木の家らしい雰囲気を醸し出しています。内部にも木を用いていますが、都会的な感性で木を感じさせるように、白いインテリアとの釣り合いを考えてデザインしました。床や家具はもちろんですが、庭のデッキに面した大きなサッシを木製にしたり、ロフトの床組をあらわしにするなど、要所要所での木の感触を大切にしています。限られた敷地の中で、駐車場と庭を確保し、日当たりのいい開放的な浴室や、子ども部屋にもなるロフト、趣味の日曜大工のスペースなど、求められた機能をコンパクトに納めた都市住宅です。
建築家との仕事一覧へ戻る 資料請求はこちら