五本木の家

構造:木造
設計:熊倉洋介

この家の明るいリビングは2階にあります。都内の住宅街で3方向を隣家に挟まれたこの敷地では、寝室や水回りを1階に置き、リビングを上階に置く設計方法が有効ですが、庭とリビングがはなれてしまうことが難点です。ただし、ここでは庭と言ってもほとんど駐車スペースとアプローチで塞がってしまいます。そこでその上部に、庭がわりのデッキテラスを鉄骨のフレームでリビングの高さに持ち上げました。
リビングは3階の天井までの吹き抜けをもっています。吹き抜けの高い窓から隣家を超えて空が見え、光が降り注ぎます。その明るい自然光の中に置かれた対面式のオリジナルキッチンからは、リビング越しにデッキまで視線がつながります。視線をさえぎらない軽快な階段で上る3階の子ども部屋はリビングの上に浮いている箱のような感覚で、いつも家族の気配を感じることができます。構造は木造、外壁は白いガルバリウム鋼板のサイディングです。
建築家との仕事一覧へ戻る 資料請求はこちら