駒場の家

構造:RC造
設計:熊倉洋介

時代が変わっても古びないデザイン、そして時とともに味わいを深めていく素材、 という命題に「アーチ」と「石」という古典的な素材で答えながら、アーチを虹のような光の帯として架け渡すという新しいデザインに挑戦した住宅です。石は柔らかくあたたかみのある大谷石を外装、内装に用いています。大谷石は多孔質の組成により「呼吸する石」として近年その機能性にも注目されています。打ち放しコンクリートによるボールト天井のスリットが光のアーチとなって輝き、その光は内壁の大谷石の肌を時間とともに撫でていきます。敷地の左右は隣家が迫っていますが、正面は公園の豊かな緑です。そこで2階にリビングをおき、テラスを介して視線がその木々につながるように、トンネル型の構造をつくりました。玄関、階段、水まわりに十分な広さをとっているので、ゆったりした住空間になっています。
建築家との仕事一覧へ戻る 資料請求はこちら